尾行は探偵にとってはお手のもの

尾行は探偵にとってはお手のもの

ときどき、刑事ドラマをテレビで見ていると、刑事というプロフェッショナルであるにもかかわらず、けっこうの確率で「尾行がバレる」というシーンに出くわしますよね。

 

まあ実際のところ、刑事が尾行をするような事件に出くわすケースはそれほど多くはないと聞きますが、しかし実際のところ、ほとんど尾行がバレるなんていうことは起こりません。

 

尾行するのは何も刑事だけではありません。

 

 

 

こちらもテレビドラマや映画、ならびに小説などですっかりおなじみになっている「探偵」もまた、尾行は必須のテクニックということになります。

 

刑事とちがって、事件性のないトラブルや調査などの際にも尾行が必要になることがありますので、もしかしたら刑事さんが尾行を実行するシチュエーションよりも、探偵が尾行を実行するシチュエーションのほうがずっと多いと言えるかもしれません。

 

 

 

さて、その尾行ですが、先ほども言ったように、これはおそらく刑事さんの分も含めて差し支えないと思いますが、探偵が尾行していることをバレるということは、まず考えられないと言えます。探偵にとって尾行をするというのは、「飯を食う」というのと同じくらい基本的なことです。

 

人間が生きるために飯を食うように、探偵であるためには絶対に尾行は必要なテクニックなのです。

 

 

 

もちろん、尾行は経験値がモノをいう行為ではありますが、尾行をできない以上、探偵として一人前にはなれません。

 

探偵にとってはそれくらい重要であり、またベーシックでもあるテクニックなのです。