探偵業法を知ろう

探偵業法を知ろう

探偵という仕事は、誰もが手軽に行うことができる業務ではありません。場合によっては、人のプライベートな情報を入手することができうる立場にあるのです。その人の気持ち次第で、いくらでも手に入れた情報を悪用することができるのです。
 

 

 

そのようなことを規制するために、現在では探偵業法という法律が制定されています。悪徳な業者がはびこるのを事前に防ぐことが目的になっています。

 

 

 

この法律では、警察や生活安全課に探偵社を設立するときには、届け出をしないといけなくなっています。そのうえで審査を行い、前科がないかどうか、暴力団の関係者がないかどうかといった、素行のきちんとした者しか許可を出さないようにしています。届出番号のあるところに依頼をすれば、トラブルを最小限に抑えることができます。